☆破格!LOUIS GARNEAU(ルイガノ)情報☆

2016年11月18日

トライアル練習1日目

私の休みの日に彼が休みを取れたので、近くの河川敷の駐車場で練習開始!
まずは基礎の前後の荷重移動から。
ゆっくり走った状態で、前荷重100%と後ろ荷重100%を出来るようになることから初めます。
(因に私はフロントリフト時の後ろ100%はアドレナリン全開じゃないとビビりが入る( ノД`)…  )

前荷重100%はタイヤの接地面とフロントホイールの軸を直線で結んだ延長線上に自分の頭が来るようにするんだよー。
はい、やってみてー。
b前荷重01.JPG
うん。そうそう。
頭はその場所でいいよー。
そこから腕と足を伸ばすんだけど、まず、腕伸ばそっか。
b前荷重02.JPG
腕は伸びたけど頭が後ろ行ったよー。
(何か、物理演算の人形みたいになってるw)
頭を持ってくよりも、ホイールの軸とタイヤの接地面が重なって見えるように目線を持っていくとやりやすいかもー。
b前荷重03.JPG
そうそう。そんな感じそんな感じ。

ここで写真を彼に見せました。
腕と頭はいい感じだよ。
他がプラプラになってるから、次は足から頭までを一直線に持ってこよう!
b前荷重04.JPG
いいよー!一直線だよー!
一応頭の位置はいいけど、最初のうちは目線で合わせるのを意識したほうがいいよー!
あと、ちゃんと左右両足でペダル両方に均等に力をかけて、腰を上向きにささえるイメージで!
b前荷重05.JPG
もうちょっと!
今、後ろ足(左足)の踏力が40%ぐらいだよー!
ペダルが平行になるようにすれば後ろ足にもちゃんと力が入るはずだよー。
荷重を車体中心の状態でペダルを平行にして、ペダル位置を動かさないようにやってみてー。
(画像では肘が曲がっているけれど、外側に開いている場合は力が逃げずにきちんとハンドルに体重が掛かっている状態なのでOK。これは主に、MTBでスピードを出してダート路面を下る時に、前輪を路面に押し付けながら、肘をサスペンション代わりに使い、サスペンションもフルに使って起伏を捉えるテクニックです。15年近くダウンヒルをやっている元カレに教わりました。本当かどうかはわからんけど、ちゃんと力が掛かるからやってみそ☆)
b前荷重06.JPG
そんな感じー、いいねー。

じゃぁ次行ってみよう!
後ろ荷重!
昨日教えたよね!
(組み上げてからすぐ乗った時に、前輪を上げようと頑張っていたので、後ろ荷重だけ教えました。一応現状は、上半身と腕だけでハンドルを持ち上げてタイヤが浮いて喜んでいる超初心者状態です。この辺りはまた後日。)
c後荷重01.JPG
OKっ!
昨日言った通りに腰から落とせてるねー、ちゃんと後輪だけ沈んでるよー!(タイヤの潰れ具合で判断してます。)

彼「めっちゃ汗かいたー!」
私「私は寒いから乗らして」

選手交代しました。

ここまで色々言ってる私ですが、トライアル自転車は初めてです( ̄∇ ̄;)
自転車屋店員時代は、リジットMTBでトライアルの練習はしていたのですが、辞めてからは、2ヶ月ほど前、ポケモンGOをするために、近くの公園への行き帰りに一度乗っただけ。
しかも、その日の帰りに、公園の駐車場をショートカットして道路に出る時に、たった50cmのステアケースで後輪を上まで引き上げられず、引っ掛けてバランスを崩して足を着いてしまいました。
完全に腕が鈍ってます(T-T)

以下、私がこの自転車で行った私が出来る範囲の初心者向けトライアルテクニックと、乗った感想です。(というか、MTBでやってたことをトライアル自転車でやってみただけ。)
自転車上でやってる動作を細かく教えるよ!
スタンディングが出来る前提だけどね!

まず、スタンディングスティルで中心と前後左右のバランスの確認。

予想以上にBB位置が高い!

次に低速からの一気にブレーキを掛けて車体を止めると同時に、前荷重。荷重が乗れば自然に後輪がポンッと浮き、後輪が降りて地面に付く瞬間に後ろ荷重へ、一連の動作で行うと、前輪がポンッと浮きます。
トライアル01.JPG
想像以上に軽く上がってビビりスイッチ入りました(´д`|||)
後輪に荷重が70%位しか入ってません
やっぱり後ろ荷重は苦手(;>_<;)

次は漕ぎ上げ。
低いステアケースやドロップオフの時に使うので普段使いに便利なテクニックです。
今回は止まりそうな低速で行っています。
前荷重状態からペダルを一気に回すと同時に後ろに荷重移動するだけです。
トライアル02.JPG
↓ビビりスイッチが入って膝と肘が曲がって腰の位置が後輪の軸より前に来ると、前輪が落ちます。↓
aトライアル03.JPG
逆に、前輪が上がり過ぎたらブレーキを掛けるか、自転車を前に蹴っ飛ばすイメージで後ろにジャンプして飛び降りてください。その際ハンドルは握ったままでいいです。むしろ放すと本当に自転車が前に飛んでいくので注意。

今回はここまで。


Q.何故ミニスカートで乗るの?
A.彼氏のリクエスト(男性陣か密かに思っている希望とゆう名の欲望)です。w

あ、もちろんちゃんと下に見せパン履いてますよ。ご心配なさらず。
posted by ハーフアップ店員(今はポニーテール) at 16:01| Comment(1) | トライアル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

彼氏がトライアルバイク買った!

まず始めに、このブログには乗せていませんでしたが

多度山中道(EBISU)お客様と行ってきました(*^ー゜)

のお客様とは2015年5月からお付き合いすることになりまして、同年10月から同棲しておりますので、ここに紹介させていただきます。
そして、このカテゴリでは、主に彼氏がトライアル自転車に挑戦し、上達していく様を載せていこうと思っております。もしかしたら、彼があきらめてしまって、私のトライアル日記になってしまうかもしれないですが・・・    2016年11月12日


彼は以前から、MTBでウイリーがしたい!跳ねたい!何かカッコいい技教えて!
と、ハードテイルを購入し、私に聞いて来るので、色々とコツやら何やらと教えてきましたが、特に何も出来ずに、そのハードテイルを売ってしまいました。
そのあとはGTの SENSOR COMP を購入し、トレイルライドを楽しんでいました。
それから半年後、スタンディングスティルのやり方教えて!と。また半年前に教えた事をもう一度。
そして1ヶ月ほど前、またトライアルみたいなことがしたい!と言い出しました。
そこで私は、そんなにやりたいならトライアルバイクを買った方が絶対にいい!
トライアルバイクはそういったことをするために進化してきた専用車なんだよ?
やりやすい自転車で練習した方が絶対にいいでしょ!
26インチMTBでも体重移動が全然出来てなかったのに27.5インチで出来るわけが無いじゃん!
Youtubeで26インチMTBでトライアルみたいなことやってる人全員とは言わないけど、大抵の人はトライアル経験者だよ!
だから、専用設計の専用車輌で基礎からやりなさい!
それでできればMTBでも出来るようになってくるから!ね?

と、私が言った日から初心者向けの安いトライアルバイクを探し始める彼氏。
しかし、トライアルバイクは他のジャンルとくらべ、顧客が少ない=生産台数も少ない=値段が高いのである。
そして、世間一般に殆ど知られていなく、世間一般の人に新車の画像を見せても、サドル取られちゃったの?え⁉最初から無いの⁉どうやって乗るの⁉と、一般人にとっては存在意義が全くわからないトライアル自転車(通称:TR)というジャンルは、全く実用性が無いので、当然人気もない。
そんな自転車は偽物や安物が作られはずもないので(偽物は値段が高くても人気のある、主にカーボン素材の自転車、安物はママチャリや、ママチャリ生産工場が取り扱っている安価な金属(ハイテン鋼やママチャリ用のアルミで、6061アルミではない。)やパーツで出来上がってしまう人気のあるジャンルの自転車に存在。)
新車の最低価格(大人用)はOrionの約8万円の物である。
なので、ヤフオクを漁る日々が続きました。
そしたら、数日前に彼氏が、ヤフオクでマリバイクトライアルってゆう新品の自転車見つけて入札しちゃったんだけど、これどうなの?いいの?と聞いて来ました。
え?そんなメーカー聞いたことないし。
てか、なんで相談せずに入札しちゃったのさ。
すると、安かったから・・・と。
すぐに調べてみると、Amazonのレビューで超低評価。

以下レビューを丸々コピペ
・スポークが片側パンパン、逆側ダルダルで出荷されているので張りなおさないとリアタイヤがフレームに接触する
・それ以外にも基本どこかしこも緩んでるのでハブレンチ等、専用工具ないと乗れません。
・組立て表、部品表がない。問い合わせてももらえない。
・色違いで届いたり部品が足りなかったり。「返品できるんだからいいでしょ?」という対応しかされない。返品工数も負担なんです。
・基本メール対応を迫られるが、日本語がイマイチなので意思疎通がしにくい。不可能ではないレベルではあるが。
・中華製です。上海から届きました。
・ノッチ数少ないです。ダニエルするには要改造。
・なぜかブレーキレバーが前後逆です。右がリアになってる。ケーブル交換で対応可能。

多々不満はありますが値段は確かに安いです。整備や組立てものすごく大変ですが出来さえすれば普通に乗れます。


らしいです。
あれ?メーカーの対応の所以外は普通、ってか当たり前の様にあることじゃん!
自転車は基本的に、自転車屋で組み立て整備されて販売されることが前提になっているので、工場で梱包されて、開封されること無く自転車屋に届きます。ネットで購入した場合も同じ状態で個人宅に届きます。ネットで購入した方が安いのは工賃分だと思ってもらうといいです。
なので、私はいつも通りに組み上げればいいだけの事なのです。

そして、そのオークションはそのまま落ちて・・・
昨日届きました!
箱を開けてビックリ!
えぇぇぇぇ!!!!!!マリバイクって聞いてたけど、これBecauseやん!
これ確か新車価格13万円やで!
んで、ヤフオクの画像とパーツ構成と、本家の方も確認。

・・・・・・まじか。

本物じゃんwww

型落ちにしても安過ぎるでwww
しかも、フレームは確か現行と同じでパーツ構成の違いだけのはず・・・
いい買い物になりました(^-^)

早速組み上げて、各箇所調整、動作確認、安全確認。
完成!不具合無し!
さすが中国製!って箇所は何ヵ所かありましたが(タップの精度の悪さや、タイヤの内径が少し大きめでビードの掛かりが悪く、そのまま空気を入れるとタイヤが浮いて外れてバーストするので、ビードが一周均等に掛かるように調整しながら空気を入れるとか。)いつもの事なので何事もなく組み上がりました。


で、現在に至ります。
私は実家に居るのでわかりませんが、彼は乗ってくれているはずです。(*´ω`*)

今後の上達に期待!


トライアル0.JPG
posted by ハーフアップ店員(今はポニーテール) at 15:07| Comment(0) | トライアル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。